リタイアメント先としてのペナン島の魅力 Posted on: 2016年12月22日

ペナン島がリタイアメント先として大きな魅力がある理由としては、温暖な気候、安い生活費、美味しい食事、ビーチ、自然、ジョージタウン等に見られる中華圏文化、医療等があげられます。

<ペナン島とマレーシア他地域で異なる点>

 

ペナン島がマレーシアの他地域と異なる点としては、ペナン島は島民の半分以上は中華系マレーシア人です。マレーシアの他地域ではイスラム教のマレー系マレーシア人が大半を占めています。

 

中華圏の文化は、同じ東アジアの民族ということで日本の文化ともよく似ています。日本においても中華圏の文化は馴染みの深い存在なのと同様、中華系の人々が多く住むペナン島は文化的にも心理的にも日本人と親和性が高く、日本人には居心地が良く安らぐ場所であることは間違いありません。

 

また食事に関しても中華料理に恵まれており、日本人には食の面でも馴染みやすいのがペナン島です。また日本食の飲食店もあれば、日本食材を購入できるスーパーもペナン島には揃っています。もちろん、マレー系、インド系、その他アジア料理や世界各国の料理の飲食店も存在します。

 

日本では考えられませんが、ペナン島ではその物価の安さから、リタイアメントとして住みながらも毎日外食で済ませてしまうこともできます。日本食はペナン島のローカル食より割高ですが、日本食材も豊富なので自炊もできます。

<温暖な気候、安い生活費、穏やかであたたかい人々>

 

また気候も年中温暖で、日本では冬寒くて雪がたくさん降っている時でも、ペナン島では扇風機やエアコンで年中過ごせます。また意外な点としては、ペナン島は日本の猛暑ほどは暑くありません。湿気が少ないため、日本の猛暑と違い日陰にさえ入ってしまえば涼しいのです。

 

また物価の安さで特筆すべきは光熱費の安さです。日本では考えられませんが、ペナン島での水道代は普通に使うレベルなら数百円以下で済みます。電気代も利用状況によりますが、日本と比べるとはるかに安いです。日本と比べてペナン島生活では本当にお金がかかりません。

 

またマレーシア全体にも言えることですが、ペナン島は特に人が穏やかであたたかいのも特徴です。困っていれば助けてくれる、そんな場面も多々あることでしょう。

<「メディカルツーリズム」の名を持つペナン島>

 

ペナン島のリタイアメント生活は、物価や気候や食だけではありません。

 

近年ではペナン島の「メディカルツーリズム」の名が世界に広がっており、診療滞在の地にペナン島を選ぶ人が年々増加の一途をたどっています。ペナン島のメディカルツーリズムは何億リンギットもの一大産業へと成長しているという報道もされていました。

 

特にインドネシアからは非常に多くの人々が「医療」を目的にペナン島にやってきており、アジア以外にもアメリカやオーストラリアなど世界各国からもペナン島で診療を受けるために訪れる人が多くおり、ペナン島での医療の評価は非常に高いです。ペナン島で車をチャーターして1日中病院見学に時間を費やす外国人も少なくありません。

 

なぜペナン島がそれほどまでメディカルツーリズムの名を世界へと広げているかというと、まず1つに医療技術の高さがあります。イギリスやアメリカなど先進国で実績を積んだ医師が多いことから医療技術が非常に高く、先進国と変わらない標準の医療がペナン島で提供されています。

 

そして医療技術の高さに加え、英語が標準語的に使われていることも、世界各国から医療目的でペナン島に多くの人が訪れる理由の1つです。

<病院で日本語が通じ、日本語で治療できるペナン島>

 

英語はもちろんですが、ペナン島の大きな私立病院では、日本語で診療を受けられる体制もととのっています。

 

医師が日本語を話せる場合もあれば日本語通訳のスタッフが常駐して通訳をしてくれるケースもありまうが、いずれの場合においてもペナン島では日本語で診療が受けられます。そのため、英語ができないからといって診療を受ける際に言葉の心配する必要もありません。

 

仮にリタイアメント生活における日常で若干の英語が使えたとしても、医療で使用する英語というのは専門用語も多くて日本人には難しいものです。言葉の問題を心配することなく日本語で診療を受けられる体制は、日本人には非常に助かります。

 

また医療費も諸外国と比べて安価であり、私立病院で先進的な医療を受けられるにもかかわらず、高額な医療費を心配する必要もありません。

 

医療目的でペナン島をリタイアメントの地に選び滞在する日本人も年々増えています。ペナン島は医療滞在の場としても最適なのです。

 

医療の心配もなく、快適にリタイアメント生活ができるペナン島。またペナン島から少し足を伸ばせば、ゴルフ場やイポー郊外の温泉、自然と野生動物の宝庫ランカウイ島や、国境を越えてタイへと遊びに行くこともできます。

 

ペナン島でのリタイアメントライフが楽しい充実した生活となることは間違いありません。